怖い話と怪談まとめ

読む人が生き返るような怖い話と怪談話を創作しています。

【怖い話・怪談】一人暮らしで癌で苦しんで自宅で孤独死したお婆さんの心霊現象

◆怖い話を無限に自動で作って読む方法◆

【怖い話・怪談】一人暮らしで癌で苦しんで自宅で孤独死したお婆さんの心霊現象

【怖い話・怪談】一人暮らしで癌で苦しんで自宅で孤独死したお婆さんの心霊現象

あるマンションの一室で繰り広げられる怪奇現象の数々。かつてそこに住んでいたのは癌に侵された独居老女であった。余命わずかと宣告されて以降、彼女は誰一人訪れることなく、苦悩と共に孤独死を遂げたという。

その後、何も知らずにその部屋に越してきた者たちは、夜な夜な不可解な現象に悩まされることとなる。寒気がする、物音が聞こえる、いつも同じ時間に何かが動く音がする。しかし最も恐ろしいと噂されているのが、深夜にぽつりぽつりと聞こえるため息と、居間の窓に映る老女の顔影だ。

隣人たちは語る。中にはお婆さんの声を聞いたと言う者もいる。「痛い、痛い」と漏らす弱々しい声。たいていの人はこの現象を経験した後、怯えてその部屋から逃げ出してしまう。

その部屋には今もなお、お婆さんの遺品がいくつか残されており、訪れる者は時折彼女の存在を強く感じるという。重苦しい空気、じっと何かを見つめるかのような静かな凝視...。追い詰められた病の苦しみと、孤独の恨みが籠った場所は、今宵も訪れる者に恐怖の体験を与え続けているのだ。