怖い話と怪談まとめ

読む人が生き返るような怖い話と怪談話を創作しています。

【怖い話・心霊】トリフィールドで感知した恐怖の悪霊の存在

◆怖い話を無限に自動で作って読む方法◆

【怖い話・心霊】トリフィールドで感知した恐怖の悪霊の存在

【怖い話・心霊】トリフィールドで感知した恐怖の悪霊の存在

トリフィールド、この名の通り、三つの異なるエネルギーフィールドを感知することができる装置が、ある心霊探求者たちによって使われた際、恐るべき悪霊の存在を捉えたという事件がありました。

「ここには何かがいる...」探求者の一人がトリフィールドメーターを手に、古い屋敷の中を歩き始めます。屋敷は以前、多くの悲劇が起こった場所として知られていました。

彼らの装置は、屋敷の特定の部屋に入ると突然、異常な数値を示し始めました。「ここだ、何かがいる...」もう一人が囁きます。部屋は冷たく、空気は重苦しい静けさに包まれていました。

突然、彼らの周りの空気が震え、一人が「見ろ、あそこに!」と叫びます。彼らの目の前には、暗闇の中から浮かび上がる、透明で不気味な姿が現れました。それは怒りに満ちた悪霊であり、彼らを凝視していました。

「私を... 忘れるな...」悪霊の声は低く、不気味に響き渡りました。その声は彼らの心の奥深くに響き、恐怖を植え付けました。悪霊はかつてこの屋敷で起こった悲劇に関わっており、その怨念が今も屋敷に留まっていることを示していました。

悪霊は突然、消え去りましたが、その恐ろしい存在感は彼らの心に深く残りました。部屋の中の空気は再び静まり返り、トリフィールドメーターの数値も元に戻りました。

この経験をした探求者たちは、その後もその屋敷を調査し続けましたが、二度とその悪霊と対面することはありませんでした。しかし、彼らは確信しています。トリフィールドで感知したあの恐怖の悪霊の存在は、決して偶然ではなかったと。